痛々しい。

描きたいメッセージを持っていないのに、テクニックにより、さも、意味ありげな描き方をして、内容のない作品を世に送り出す作家は、二重の罪を犯している。

一つは、読者に対する嘘、という罪。

もう一つは、自分に対する嘘、という罪である。

もし、自分に嘘をついて、これは面白いと言い聞かせていることを自覚しているのなら、なおのことである。

痛々しい。

そんな漫画家を一人知っていた。

浦沢直樹 である。

今日、もう一人、二重の罪を犯している漫画家を見てしまった。

井上雄彦 である。

バガボンドは、もう 痛々しい。

作者が、枯れてしまっていることがありありと伝わってくる。

スラムダンクを最高潮で完結させた、あのプロフェッショナルはどこに行ってしまったのだろうか。

今の、井上雄彦は、あまりに痛々しく、悲しい。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shikorika.blog13.fc2.com/tb.php/97-afe9cf47

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター