闘うと言うこと

  • 2010/06/05 01:51
  • Category: 日記
今日、サッカー日本代表がコートジボアール代表と試合しました。

闘うということは、汚いプレーをするということではないです。

日本はダーティーな守り方でした。

そして、ドログバが右腕を骨折したようです。

今年のプレミアリーグ得点王。世界屈指のストライカー。32歳。

W杯で見られないとしたら、残念なことです。

八年前は、ジダンが大会前の韓国戦で負傷しました。

ジダンは、強行出場しましたが、結果は無残でした。

ドログバは出場してくれるでしょうか。

昔、ベッケンバウアーは、肩を脱臼しながら、腕を体に縛り付けて
プレーしたことがありました。

トッププレーヤーが、死ぬ気で闘う大会を、楽しみたいです。

そして、出来るだけ多くの選手が、死ぬ気で闘える状態で開幕を迎えて欲しいです。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shikorika.blog13.fc2.com/tb.php/67-c8f0c021

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター