スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー日本代表

  • 2010/05/27 02:11
  • Category: 日記
月曜日の試合。

怒りや、悲しみや、落胆、失意。
色々な言葉で、いろいろな人が語ってくださいました。

私は、ラモスさん、金子達仁さん、山本祐司さん に特に同意できました。

もう、書くのはよそうか、とも思いましたが、
やはり、書くことにしました。

私が初めてサッカーに興味を抱いたのは、94年のアジア大会でした。
韓国戦で、井原選手が35mのロングシュートを入れた試合です。

初めて、身が震えたのは、アトランタオリンピックのブラジル戦でした。
川口選手の神がかったセーブがありました。

初めて、涙を流したのは、サンガのユニフォームを着たラモス選手が
ピッチを出ようとしたボールを懸命に追って追いついた時でした。

全部、テレビで見たものでしたが、あの選手たちは、私の代わりに
走り、ボールを蹴り、戦ってくれていました。

私の”代表”でした。

サッカーを好きな人の夢の舞台に立つ”代表”に、
代わりに戦って欲しいと願うのは、身勝手な話なのでしょうか。

協会も、監督も、メディアも、プロフェッショナルではなく、
お粗末この上ないものですが、ピッチに立つのは11人です。

私の代わりに、走り、ボールを蹴り、戦えるのは、11人だけです。

だから、頑張ってほしいです。

「死ぬ気で戦って来ます。」という川口選手と同じ気持ちを23人に
抱いて欲しいです。

一人のサッカー人として。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shikorika.blog13.fc2.com/tb.php/61-0b888bb4

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。