WOLF RPG エディター

私は、以前から、ゲーム制作に興味があって、ネットを始めると同時にゲーム制作ソフトがないか検索しました。
当時はパソコン版ツクールの存在も知りませんでした。PSのソフトを知っていました。

そして、フリーゲームという世界があるというのを知り、DLして、初めてクリアしたものがシルフェイド幻想譚でした。

その後、WOLF RPG エディターに出会います。

ツクールよりも難しいけれど、ちょっと複雑なゲームも作りやすいよ。そんな感じでした。

無料ということも大きかったと思います。作り始めました。試行錯誤でした。

そうして出来たのが JOURNEY SKY です。

私は、面白いゲームを作って、シェアウェアとして出して、お小遣い稼ごう!という(不純な)動機ではじめました。
そこで、何が一番手っ取り早い方法か考えました。
ウディコンで優勝する事でした。
ウディコン優勝の報酬は「面白いゲームを作ったという実績と名誉」と書かれていましたから。
当時、ネットに疎く、もっとフリーゲームの世界に疎かった私は、この文言に惹かれたのだと思います。

結果は8位でした。微妙ですね。
ですが、素人が参戦してすぐトップをとれるほど どの世界も甘くはないです。

一年。フリーゲームの世界。ゲーム制作の世界。創作の世界。色々と考え、励むことも出来ました。
ウディタはフリーゲーム界の一部であること。若い力であること。そんなことを感じました。


私は、シェアウェアの一つも出して、お小遣いを稼ぐということを達成すればいいので、シンプルです。
ですが、ウディタとその周りが発展してほしいなぁ、という思いもできました。
ウディタを使う人が増えて、SmokingWOLFさんのファンが増えて、SilverSecondのシェアウェアがたくさん売れればいいなぁ、と思います。

そのための、私の意見を少し書きたいと思います。

フリーゲームの世界において、ウディタはツクールに並んでいません。
それは、エディターとしての力ではなく、コンテンツの力だと考えます。

名作の絶対数がどうしてもツクールが多いのです。

ウディタの作者SmokingWOLFさんも、ツクール2000とツクールXPで名作を作ってます。

プレイヤーからすると何製のゲームとか関係なく、面白ければいいのです。
それを、たくさん見つけられるのがツクールだとすれば、あるいは吉里吉里だとすれば、自然とそっちが大きくなります。

ですが、それはウディタが作られて4,5年という年月が問題なのだと思います。

毎年、ウディタ製の名作が作られていくなら、フリーゲーム界において、大御所の方も、回顧主義者の方も、ウディタを認めざるを得なくなります。

ウディコンは名作を生み出す場として、今ある中で一番だと、私は思います。
ウディコン優勝の報酬は「面白いゲームを作ったという実績と名誉」と書かれていましたから。

面白いゲーム とは何か、様々な見解がありますから、それを決めるのは難しいです。
ですが、それを決める場所として、ウディコンがあるのだとしたら、私は そこは ガチンコ勝負の場所であってほしいです。
作る側も、選ぶ側も。

ここ一年、フリーゲームのガチンコ勝負の場所を見つけれなかった私の考えです。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shikorika.blog13.fc2.com/tb.php/312-76ce4f0e

Comment

ネコタ

こんにちは^^
アツい文章だね。

それだけ言いに来た。
アディオスb
  • URL
  • 2011/09/05 19:40

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター