つまらぬこだわりは、身を縮めるだけだった

  • 2011/06/11 01:00
  • Category: 日記
と、長渕剛さんも歌ってますが。
つまるかつまらぬか人それぞれです。

ただ、面白いものはたくさん見たい!
その点、手塚治虫や藤子・F・不二雄の仕事量は凄まじいです。
 例えば、手塚治虫は、最高、一ヶ月700p描いたことがあるとか。一ヶ月に単行本3冊以上描いてます!
  藤子・F・不二雄は、ドラえもん を毎月、小学1年生~小学6年生、コロコロに連載してたとか!
   連載休止中の バガボンド は今週どれくらい面白さをくれたかと言うと、『0』です。
 どちらが絵のクオリティーを追求しているかと言うと、間違いなく 井上雄彦さんです。

つまらぬこだわりを捨て、最小の労力で最高の表現を求めないといけないのではないか。
そんなことを考えました。
手を抜く とか、そんなことを言ってるのではないのですが、上手く言葉で表現できません。
毎日1ページ描こうと思っていましたが、毎日3ページくらい描かなければ、コンテンツ消費が恐ろしく激しい21世紀において、創作者として、生き残れないのではないだろうか。
そんなことを考えました。
そのために、つまらぬこだわりを捨てないといけないのではないか。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shikorika.blog13.fc2.com/tb.php/297-d4c4a5b0

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター