スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冠を持つ神の手

  • 2010/12/19 19:51
  • Category: 日記
すばらしいゲームに出会いました。
奇をてらう事の無く、それでいて秀逸なグラフィック、BGM、システム。
全てが丁寧で、説明書を読まなくてもなんとなく理解できて、問題なくプレイできました。
何が素晴らしいのか、一つ。
フラグの管理 です。

ゲームというのは、変数によってフラグ管理をしています。
例えば、『金のカギ』を、持っていたら『扉が開く』ということも金のカギを持っているかどうか変数によってフラグの管理をしています。変数によってルールを作れます。
私たちの生活も複雑な変数の組み合わせによって、フラグ管理がされていると言ってもいいかもしれません。

例えば、一時間に1お腹が減る。5時間で5減る。だから、食事をする。食べ物が少なくて2しか食べれない。(満腹度+2)。二時間後、またお腹が減る。

例えるほどに 分からなくなるのでこのあたりでやめて起きます orz

『冠を持つ神の手』は本当にフラグ管理が複雑に、緻密に設定されていて、楽しいんです。
なにが楽しいかと言いますと、
人間の心情の機微がすばらしく表現されているところです。
こちらの言葉や行動への、キャラのリアクションが生きてるんです。

キャラの性格によって、接し方も変わってきます。この人は慎み深い感じだから、こっちが主導権を握ってあげよう、とか、こいつは我侭そうだから、譲ってやるか、とか、色々考えながら選択します。
よかれと思ってしたことが、傷つける結果になって『ち、ちがうんだぁ。そういうつもりじゃなかったんだぁ』と思ったりします。
だからこそ、そのキャラと仲良くなれた時は、嬉しいです!

私が紹介するまでもなく超有名なゲームのようなので もうご存知かもしれませんね。

1周2時間ほど。エンディングが 少なくとも100パターン以上あるようなので、やり込みしまくれます(^0^)
シンプルなストーリーでも、その過程を楽しんでいるんだなぁ、と思い起こす事が出来ました。
そして、楽しいのは『人』という要素であるということも。
こんなゲームをつくりたいなぁ。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shikorika.blog13.fc2.com/tb.php/227-cabd8769

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。