スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもしろいゲームって?

  • 2010/10/30 00:20
  • Category: 日記
『ゲームの面白さってなんだろう』 という疑問に対して、息の長いゲームが答えを持っているのではないかと思いました。
私が知る限りでは、将棋、囲碁のようなもの。
これのすごいところは、敵AIが人間だということ。
無限の個性・思考パターンと、時々出るうっかりミスによってゲームは様々な楽しみ方ができる。

碁石がキラキラしたり、将棋の駒が純金だったりしても、ゲームの面白さには関係ないんです。
喜ぶのは、成金趣味の人だけです。

コンピューターゲームの開発者のインタビューで、『プレイヤーがもっともっと と要求していて、それに答えるために開発費が沢山必要だ』 という意味合いの件(くだり)がありました。
私は、プレイヤーの言う”もっと”というのは、もっと原点的な面白さがほしい!という意味なのではないかと思います。

碁石がキラキラしていても面白くないんです。相対している敵の目がキラキラしているのが、面白いんです!

その部分がコンピューターゲームの どの部分にあたるのか、ぼんやりと解りますが、はっきりと解らないと他の人に伝える事は難しいので、もう少し、勉強が必要です。

勉強というのは、ゲームを作るという意味ではなく、楽しみを作るという意味で、ということです。
ゲームを作るという意味では、分からない事だらけです。まったくの乳児です。でも楽しい。


以上、素人の独り言でした。
ウイニングイレブンの人との対戦は楽しいです。

この場合の”もっと”は、もっとリアルな映像を、ではなく、もっと本物のような動きを!なので、それに答えるためには、やはり沢山の開発費がかかりますね。

答えはたくさんありそうです。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shikorika.blog13.fc2.com/tb.php/188-c55a6fb0

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。