スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尻アスな笑い

この前、バクマンで、シリアスな笑いを盛り込んだ漫画を描いて、ニーズマエージを超えようぜ!
って、話になったと書きました。

なんと、今週号のジャンプに”シリアスな笑い”

否!

尻アスな笑い が描かれた漫画が載っていたのです!

しかも、事あるごとに、バクマンにからんでくれる、”いぬまるだしっ”です。

読んで見てください。

シリアスな笑い、を描いてました。

先週のバクマンを読んで描いたわけではないでしょうから、いぬまるだしっとバクマンのシンクロ率は、なかなかにすさまじいものを感じます。

バクマン。 8 (ジャンプコミックス)バクマン。 8 (ジャンプコミックス)
(2010/04/30)
小畑 健

商品詳細を見る


いぬまるだしっ  4 (ジャンプコミックス)いぬまるだしっ 4 (ジャンプコミックス)
(2010/02/04)
大石 浩二

商品詳細を見る
スポンサーサイト

へけけけっ

  • 2010/04/25 17:03
  • Category: 日記
明日やろうは、バカやろうだっ!!

ってことで、仕事に行って来ます。

帰ったら、ビリー隊長のブートキャンプ二日目をして、

風呂入って、ビール飲みながら、ゲーム作ろう!


昨日、MMF2と言うよさそうな、ツールを見つけました。

ふりーむの第5回のコンテストで、崩壊村というゲームがこのツールで作られたものらしく、魔界村のような、横スクロールアクションゲームでした。
おもしろかったです。

これは、あの、フォーチュンサモナーズ見たいなものが作れるかも?

私の知識では、
GameMakerみたいな感じでよさそう。
日本語版が最近でたみたいで、日本語のセリフを入力するのも普通にできそう。
という感想しか書けません。


ああ、だれかの意見を聞きたい。
タイミングを見計らって、かの人に聞いて見よう!

ウディコンの後かな。

俺たちの目を輝かせてくれ!

ウディコン



君の作ったゲームで、私たちの目を輝かせて!
              by ウルファール
みたいな。

がんばって、描いたよ。

時々、絵が上手な方が、「描き方が解らなくなった」とか、「自分は下手くそだ~」とか、言ってますが、
ピカソじゃなし、ルノワールじゃなし、別にいいんじゃないっすか。
好きなように描けば。
同じアホなら、描かにゃ、損々♪ですよ。

「色々言ってても、描くのが好き」ならば、ですが。

無意味

どんなに素晴らしい技術を持っていても、
どんなに素敵なアイディアを温めていても、
どんなに立派な言葉を並べ立てても、

完成させないと意味が無い。


ゲーム製作の話です。

色々と精力的に活動しているようで(実際しているのでしょうけど)
完成品が一つもないとしたら、その人がプレーヤーに与えた
楽しみ、喜び、感動はゼロです。

ゲームを作っているという過程を、自分たちが楽しんでいるだけです。

   アマチュアだから、それでいいのでしょうけどね。

だから、私は、作品を完成させている人をリスペクトします。
ウルフさんもスゴイと思いますし、藤田工房の、るいふさんも好きです。
さくらば結城さんも素敵です。

ゲームを作るのは、自己陶酔が目的ではなく、プレーヤーをゲームに
陶酔させるのが目的のはずです。

だから、私は、一つの作品も完成させていないゲーム製作者を
クリエイターとは認めません。

・・・よ~し!

がんばって、完成させよ~~!!

シロー
久しぶりに、絵でも、のっけますか。
九国伝 改め ”友と見た旅の空”で、仲間になるキャラ。
今週、このキャラのイベントをだいたい終わらせました。

朝焼けのうた

この前書いていた、文鳥さんの曲で、”朝焼けのうた”というのを主題歌として使わせていただくことにしました。

そして、この曲に影響を受けて、ゲームの題名も、「九国伝~友と旅のあおぞら~」から、

友と見た旅の空

にしました。

美しい朝日、切ない夕日、爽やかな青空、悲しい雨雲に覆われた空、友と一緒に色々な空を見、旅するお話です。

初めてゲーム製作をする上で、コンセプトを持たないといけないと思っていました。

これまでのコンセプトは、自分の好きなゲームを精一杯作る、でした。

具体的でないように見えますが、結構具体的なんですよ。

①好きなゲーム:ドラクエ3~5
  こんなゲーム、またでないかなぁ、でないなぁ、じゃ、つくろ~!みたいな感じです。
②精一杯:できる範囲で
  本当は、ATBの戦闘とか、色んなミニゲームをいれたりとか、できれば動画を挿入とかしたいけど、そんなことをしていたら、絶対完成しないので、今、出来る範囲で作る。 → 付属の基本システムを使う。

という感じです。

今日、ここに、もう一つのコンセプトが加わりました。
”空”です。

前述のように、友と旅して、一緒に空を見上げる。
幸せな時間だなぁ...。
と感じてもらう。

そんなゲームを目指します。

フリーゲームはサクサク進めて、ちゃっちゃとエンディング!みたいな風潮がありますが、このゲームはマッタリと、ジックリとユックリと楽しんでもらいたいです。
そんな、雰囲気をだせたらいいなぁ、と思っています。

コンセプトというよりも、イメージと言った方が良いのかもしれません。
文鳥さんの素晴らしい曲のお陰で、作りたいイメージがよりハッキリしました!

 

シリアスな笑い

今週の「バクマン」で、主人公たちが描く”最高の漫画”のキーワードがでました。

それは、「シリアスな笑い」

思いついたのは、「魁!男塾」、「北斗の拳」です。

合いますよね。
サイコーとシュージンが描く最高のマンガはあんななっちゃうの?

それはそれで楽しみかも・・・。

私の予想では、”王道のような邪道”とか、”邪道のような王道”がキーワードになるかも、
と思ってました。

・・・ラッコ11号、読みたい。

やばい・・・

夏のウディコンに向けて作成中のゲームの主題歌ほしいなぁと思って、初音ミクでググッてみました。

私は、初音ミクとか別にいいとも思ってませんでした。

小倉桂の曲を使いたいけどJASRAC調べたら、お金を払っただけでは使えない、小倉さんと連絡とって、使用を認めてもらい、契約することが必要・・・・って、無理です。

初音ミクは、ダンス系のイメージがあったので、「初音ミク、名曲、民族」で検索。

やたらと、ニコニコ動画がヒットしました。後で知ったのですが、初音ミク人気は、ニコニコ動画から始まったらしいですね。

そこで、文鳥(ふみどり)さんの存在を知りました。

すばらしい・・・・。

PIAPROのサイトを見つけ、会員登録し、文鳥さんのページに行きました。
10曲ちょっとくらい登録されていました。
どれもすばらしい曲でした。

その中の1曲、霧初音


霧初音 powered by ピアプロ

何度も聞いていると、不思議、初音ミクが可愛く思えてきてしまいました。
やばい・・・。

でも、この感じは以前にも感じたことがあります。

青春18切符で、鈍行列車にゆられゆられ旅した後、「てっちゃんの気持ちもちょっと解るな・・・。うん、鉄道、素敵だよ」

あの感じです。

文鳥さんの楽曲のおかげで、初音ミクを歌わせたり(DTMに限らず、イラストや動画も)、踊らせたりする人の気持ちが理解できるようになりました。

私にとって、文鳥さんの曲は、熊本と鹿児島の県境のスイッチバックです!

サッカー岡田さんの監督の資質について

  • 2010/04/15 10:04
  • Category: 日記
さて、今回はサッカーの話です。

日本代表監督の岡田さん、今日にも更迭してほしいと思っています。
彼は、監督の仕事をできていないからです。
サッカーの監督というのは非常に難しいものですが、やるべきことはシンプルなことです。

①選手がやることを教える
②選手のモチベーションをあげる。

この二つです。

選手がやるべきことを伝えるには、サッカーに対するビジョンが必要です。
どんなサッカーを目指すのか。
たとえば、オシムは、日本代表監督に就任した時、「日本人にあったサッカーを目指す」と言い、”考えて走る”というビジョンを示しました。
よく、サッカーコラムなどで出てくる文で、「岡田監督の目指すサッカーが悪いか。」と言われますが、その考え方に問題があります。
「目指すサッカー」は、誰でも、どれだけでも、素晴らしいものにできます。
たとえば、ジーコは、日本代表監督だった時、”ブラジル代表のようなサッカー”を目指していました。最強、最高のサッカーです。
問題にすべきなのは、目指すサッカーを実現する術(すべ)を持っているか、です。
ジーコは持っていませんでした。オシムは持っていました。
二人の違いは、”ビジョンを伝える能力”でしょう。
オシムは、何色ものビブスに特徴づけられる練習によって、自分の目指すサッカーのビジョンを選手に伝えました。
ジーコは、温かく見守ることで、自分の目指すサッカーを洞察してほしいと待ちました。

①選手がやることを教える。
とは、自分の目指すサッカーのビジョンを選手に伝え、それを実行する方法を提示することです。

岡田さんにそれができているでしょうか。「”目指すサッカー”は悪くない」というのは問題ではありません。
”目指すサッカー”を実現する術を持っているかが問題です。
それを持っていない人は、監督失格です。だから私は、日本代表の監督をしている人を、”岡田さん”と呼びます。


②選手のモチベーションをあげる。
W杯は武器の無い戦争、とどこかの国の人が言っていたらしく、サッカー、特にW杯は、戦う気持ちが強くないと、勝てません。
要するに、監督は選手にアドレナリンを出させればいいわけです。
2006W杯で、ジダンが神がかっていたのも、ベッカムが靭帯を痛めていたのに「まだやれる!」とベンチに合図したのも、アドレナリンが出まくっていたからです。
しかし、すべての選手が自分でアドレナリンを出して(モチベーションを高めて)、実力をフルに発揮できるようにコントロールできるかというと、否です。
自分でモチベーションを高めることが出来る選手はまれです。
ラモス、カズ、ゴン、彼らのような、本当のプロはまれです。
だから、ラモスさんはよく、”魂がこもってないよ!”と言います。真剣を振りかざして戦う選手はなかなかいません。今の日本代表のほとんどの選手は、飾り立てた木刀をもって、戦っていると勘違いしているだけです。
真剣を持たせてあげて、使い方を教える必要があります。

そこで、監督が仕事をする訳です。

たとえば、オシム監督の場合このようなエピソードがあります。Jリーグの試合で、巻選手のミスで負けた後、オシムは巻選手に、「何も話すことはない!」と怒って、ホテルに帰りました。
その夜、オシムは巻選手の部屋に来て、「今日、お前のミスでチームは勝ち点を失ったが、私はそれで良かったと思っている、なぜなら、お前は今日の失敗で学んで、今日、失った以上の勝ち点をチームにもたらすと信じているからだ。」と話したそうです。
巻選手は、「そんなことを言われて、燃えないわけにはいきませんよね!」と言っていました。
そして、成長して、「巻には、何も言うことは無い。」と良い意味でオシムに言われるような選手になりました。

岡田さんは、どうでしょうか。
セルビア戦の後、「3バックも考えなければ・・・」と言った発言を、中澤選手が聞いて、「それほど、監督も悩んでいるんだと思います。」と言っていました。
選手に心配されています。ついでに、会長にも心配され、慰められていました。

監督というのは、心配される存在であってはいけません。どんなに批判され、結果がでなくても、堂々としているべきです。
なぜなら、監督は明確なビジョンを持っているべきからです。
カペッロもアンチェロッティも私は好きではありませんが、明確なビジョンを持ち、行った先のチームでそれを貫いています。ヒディングもモウリーニョも私は好きですが、同様に、明確なビジョンを持ち、行った先のチームでそれを貫き、実現しています。

岡田さんは、どうでしょうか?
選手や、協会に心配され、慰められ、モチベーションを高めてもらう必要があります。
そんな人は、監督失格です。だから私は、日本代表の監督をしている人を、”岡田さん”と呼びます。

このままでは、日本代表は、W杯のグループリーグで、ぎりぎりベスト4入りするでしょう。
そして、このまま行くでしょう。
そして、4年前のように、次の監督が発表され、その話題で、惨敗の反省もうやむやのまま「過去は振り返らず、明日を見て進もう!積極的に行こう!」とメディアは言うのでしょうね。
メディアは、日本サッカー協会の責任、川渕さんがキャプテンとして失格であることを、彼らが「岡田さんしかいない!」と言って、岡田さんをオシムの後に据えたことを、何度も何度も放送すべきです。

日本代表が強くなるために、監督がどうとか私は言いません。
日本サッカー協会の名誉会長というポストを廃止して、舵取りのできないキャプテンに消えてもらい、
本当のプロ選手であった、中田英寿さんに日本サッカー協会の会長になってもらいたい、と私は言いいます。
ストイコビッチ氏がセルビアのサッカー協会の会長をでき、セルビアがW杯予選を一位で通過するほど強くなったのですから、同じことが、中田英寿さんにも出来ると思います。

そのように事は運ばないでしょうが。これからも、”キャプテン”は、舵から手を離さないで、しがみつくでしょう。


私が言いたかったことはこうです。
岡田さんには、監督の仕事ができていない。
だから私は、あの人を監督とは呼ばない。

岡田さん、男なら、出来ないことは出来ないと言いましょう。
今日にも、辞任して下さい。
お願いします。

オペラ

  • 2010/04/12 00:39
  • Category: 日記
一時間ほど、前。
珍しく結構長い文章を書いていました。ブログ用に。
3DCGソフトを使って、ウディタのゲームのキャラチップ、マップチップを作ろうかなぁ、とか。

タイトルを変更しようかなぁ、とかを結構な考察や雑学と共に書いていました。

そしたら、「InternetExplorerは終了します」とか出て、消えちゃいましたとさ。
ちゃんちゃん。
ということで、Operaをダウンロードして、今、書いてます。
心なしか、動作が軽いような・・・。

でも、もう一度同じ文章を書く気力はありません。

岡ちゃんがコオロキ選手に、セルビア戦のことは、忘れろと言ってたそうですよ。
「なかなか、忘れられません。」と話してました。
私も、IEにやられた仕打ち、なかなか忘れられませんなぁ。

ついったー

  • 2010/04/05 01:27
  • Category: 日記
最近、SmokingWOLFさんのツイッターを見ています。シルフドラグーン0に関することや、公開後のバグ報告への対処、その他のこと、見ていると、開発日誌の内容の裏側を覗いているようで、興味深いです。

ですが、ツイッターされている方のほとんどのつぶやきは、とくに意味の無いものです。いまから、何を食べるとか、今からゲームするとかですね。そういう場ですから当然です。

ですが、Foomalさんのツイッターは、ゲーム製作のアイディアメモっぽくて、楽しいです。
Foomalさんは、HPで、ゲームの公開とツイッターしか載せておられないので、ツイッターのほうがゲームのつぶやきが多くなるのは当然ですけどね。
”名無しの悪魔”は解像度320×240で作られた自作システムの良作です。このシステムやインターフェイスのデザインが私好みです。
以前、コモンイベントの中を覗かせていただきました。いつか、理解したいです・・・・。

なんか、意味の解らない文章ですが、言いたかった事は

Foomalさんのつぶやき、興味深い、ちょっと見よう。って事です。
                     by シコリカ

Pagination

Utility

カレンダー

03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。